スポンサーサイト

--.--.--.--.--:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

爲三郎(ためさぶろう)記念館にて

2012.08.09.Thu.23:14
日曜午後1時開始のソフトボールでキャッチャーをやりました

ぎらぎらの陽射しの下、思わず視界がブラックアウトしそう!キケン!!キケン!!!



先日、志乃舞優さんのダンスリサイタルで空間演出、出演されていた

花道家の小川珊鶴氏から撮影の依頼があり、伺ってきました


その公演時の写真を気に入っていただいたそうなんですが

どんな撮影なのかちょっとプレッシャーです


なんでも名古屋池下にある古川美術館で開催中の

「東海の画家」展に関連した催しを別館・爲三郎記念館で行うそうで

そこに展開する造形演出や作品の様子を記録するというお仕事でした

初めての場所だったので街中にこんなとこがあることに驚きましたよ

 
sakanoshita.jpg


どこか懐かしさをおぼえる坂道

後ろでは厚生年金会館の跡地にマンションが建築中ですが


iriguchimon.jpg


昭和サイズの入り口から入って

初日の慌ただしさで打合せもそこそこに撮影を始めました


sakanoueyori.jpg


自然な涼しさに包まれ蚊に追われ徐々に集中していきます

押さえどころを聞いてないので、私の主観視点で申し訳ないです


iriguch.jpg


ここから母屋の中へ、写真はありませんが

各間で素敵な演出が施されていましたよ


nokisakinite.jpg


入り口そばに新聞紙に包まれて置いてあった花も

夏を感じさせてくれますね


撮影に集中してくるとあるゾーンに入ることがありますが

敷地全体が花器やキャンバスのように彩られ

一つの花、一つの作品が人の臓器のごとく

この場所に命を吹き込んでいるように感じました


nakaniwa.jpg


お客様と歓談されていた珊鶴氏から、ご自身がデザインしたお菓子と

アイスグリーンティをいただき、ようやく一息


okashi01.jpg




okashi02.jpg


打合せに見えてたCBCテレビのディレクターと一緒に

こちらのお菓子をいただきました







スポンサーサイト
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。